クラクフ2日目はヴィエリチカ岩塩坑に行きました。プラスチック米は世界遺産には全く興味はないけれど、ここは以前から行ってみたい所でした。

リヴィウからクラクフの移動を確実にこなしたかったのは、アウシュビッツとヴィエリチカをすでに予約していたから。

IMG_4878
今度は電車で移動。1時間に1~2本ぐらいでした。(Wieliczka Rynek-Kopalna)下車。

IMG_4879
各駅停車で30分ぐらい。外国で各駅停車の電車乗るの好き。

IMG_4882
こんな電車でした。行きも帰りは乗ってからでも切符買えますよ(キセルと間違われないためにも車内で車掌さんを探してください)。

IMG_4883
まだ時間あったので店に入る。

IMG_4884
じゃがいもと肉!。

IMG_4887
土産物屋が軒を連ねる。

IMG_4886
到着!。オンラインチケットは受付で正規チケットに変える必要があります。

IMG_4885
並びすぎ💦。ヴィエリチカ岩塩坑も、いつでも勝手に入れない施設。案内人と一緒に入ります。英語とポーランド語は人気なので混雑必至。

IMG_4893
プラスチック米は予めスペイン語版ツアー🇪🇸に予約を入れていました😆。

IMG_4891
ラテン系らしく集まり悪い💦結局6人だった。マドリード3人、アリカンテ2人、アルゼンチン1人とプラスチック米。

IMG_4897
入場していきなり、とにかく階段を降りる。

IMG_4902
ダンジョン感半端ない。というかダンジョン。

IMG_4903
1人東洋人。゚(゚´Д`゚)゚。

IMG_4905

IMG_4912
IMG_4917
壁は塩。

IMG_4920
所々、当時の様子を人形を使って展示している。
IMG_4932
坑内は馬もいたらしいけど、馬は一生太陽を見なかったらしく、早死にだったとか😢。

IMG_4940
IMG_4944
当時の作業を体験できる所もある。『体験したい人いますかー?』✋✋✋✋✋。全員💦。さすがラテン系グループ。

後ろのロシア人グループを待たせまくる。

IMG_4954

IMG_4960
お祈りの場所も。

IMG_4965
ダンジョン内セーブポイント。

IMG_4976
IMG_4992
IMG_4998
プチポーランド語講座。スペイン人と日本人の母音はほぼ同じなので、みなポーランド語苦手😆。

IMG_5005
回復の泉。

IMG_4981
塩の壁に最後の晩餐を掘っている。

IMG_5020
ダンジョン内ショップ。

ここで帰りたい人は帰り、進みたい人は進めるが、ラテン系グループは当然全員進む💦。

IMG_5022

IMG_5025
ひたすら奥へ。FF3でいうエウレカぐらい奥深い所に来ている。

IMG_5048
1人だけ異教徒…。

IMG_5050
前の人が案内人のお姉さん。最後にリレミト唱えるはず。

IMG_5083
IMG_5091
トロッコもあるけど展示のみ。

IMG_5055
当時の制服。

IMG_5056
IMG_5003
けっこう歩く。

IMG_4764
最後はリレミトではなく、エレベーターで一気に上がってきた。

ヴィエリチカ岩塩坑、初めて楽しいと思った世界遺産だった。スペイン人やアルゼンチン人に混じっての参加だったので、スペインの施設だっけ?と錯覚する勢いでしたが。

帰りは駅までスペイン人と一緒でした。クラクフ駅がアトーチャ駅に感じた。゚(゚´Д`゚)゚。

↓チケットは公式ホームページから買えます。
ヴィエリチカ岩塩坑ホームページ

ここの見学コースは二種類あって、普通なのがツーリストコース。もう一つは坑夫コース。これは作業員の仕事をガチで体験できるコースみたいです。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村